NO.9839257
mRNA技術で95%のマウスから「がん細胞を完全消滅」させることに成功!
mRNA技術で95%のマウスから「がん細胞を完全消滅」させることに成功!
がん治療の未来はmRNAが握っているかもしれません。

9月8日にBioNTechの研究者たちにより『Science Translational Medicine』に掲載された論文によれば、同社のmRNA技術を用いた治療薬により、20匹中19匹のマウスの黒色腫(皮膚がん)を完全消滅させることに成功したとのこと。

圧倒的な効果をみせたmRNA治療薬は、いったいどんな仕組みで、がん細胞を死滅させたのでしょうか?

■マウスの20匹中19匹で腫瘍が完全に消滅した
mRNAとは細胞に対して特定のタンパク質を作るように指示する分子です。

新型コロナウイルスのワクチンに含まれるmRNAも、ウイルスの体の一部(スパイク)を作る指令が含まれており、体内に注射されるとウイルスの断片を生産し、免疫の訓練を促します。

そこで今回、BioNTechとファイザーの研究者たちはmRNAの持つ命令能力を、がん治療に転用する方法を開発しました。

mRNAに、がんとの闘いを有利にするタンパク質の生産命令を乗せることができれば、治療に大きく役立つと考えたからです。

研究者たちは様々なタンパク質の生産命令を込めたmRNAを、がんになったマウスに注射し、効果が現れるかを確かめていきました。

結果、サイトカインの一種である4つのタンパク質(インターロイキン-12単鎖、インターフェロン-α、顆粒球-マクロファージコロニー刺激因子、およびIL-15‐sushi)の生産命令(mRNA)が、がん細胞に対して有効であると判明します。

またこの4種類の生産命令(mRNA)を混合して、黒色腫(皮膚がん)になったマウスの腫瘍に注射したところ、20匹中19匹(95%)において、40日以内に腫瘍が完全に消滅したことが確認されます。
..
【日時】2021年09月14日
【ソース】NAZOLOGY
【関連掲示板】