「河野は危ない…」安倍前総理が恐れる自民リベラル派の大復活 - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


NO.9867514
「河野は危ない…」安倍前総理が恐れる自民リベラル派の大復活
「河野は危ない…」安倍前総理が恐れる自民リベラル派の大復活
新型コロナウイルスの影響で数々の祭事が延期や中止、規模縮小を余儀なくされる中、別世界のような闘いがヒートアップしている。数々のドラマを生み出してきた自民党総裁選である。連日メディアが取り上げる日本最高峰の権力闘争は、新総裁が選出される9月29日まで「お祭り」状態が続く。その熱気の裏にあるキングメーカーたちの深謀遠慮は小説よりも奇なり、である。

3Aか、2FSか―。報道各社の世論調査はほぼ同じ傾向がみられる。発信力があり、国民の人気も高い河野太郎ワクチン担当相がトップを走り、2位につけるのは安定感を見せる岸田文雄前政調会長。次いで保守派を代表する高市早苗元総務相、4位はリベラル系の野田聖子幹事長代行である。

同じ政党というコップの中の争いとはいえ、思想信条や政策などバラエティーに富むコンテンツは、国政選挙の党首討論よりも面白い。

党員・党友票を含めた1回目の投票で河野氏は総票数の過半数を獲得することはできず、決選投票で「2位・3位連合」に敗れる―との予想もメディアの「統一見解」になっており、これがまた「闘い好き」の政治記者たちを右へ左へ走らせる要因となっている。

総理大臣となる新総裁の人柄や政策に関心が集まるのは健全ではあるが、その表舞台と並行して算盤を弾くキングメーカーの「裏舞台」も注目しなければならない。

◆安倍が高市支持を表明した本当の狙い

政治的影響力の温存を狙い不出馬を決めた菅首相(S)は自身に近い河野氏を支持。現首相と歩調を合わせる二階俊博幹事長(2F)も「反・岸田」で一致する。これに国民的人気の高い小泉進次郎環境相、..
【日時】2021年09月25日 11:02
【ソース】FRIDAYデジタル
【関連掲示板】







#5 [匿名さん] :2021/09/25 16:54

>>0
イチモツ*したい


#4 [匿名さん] :2021/09/25 16:53

私たち安倍一味は、右翼思想を騙りながら
売国と利益誘導で甘い汁を吸いながら
カルトを守って参りましたが河野君が総理になると
自分だけの正義感で一般国民のための政治を
やりかねないので大変に危惧しております!!
デンデン


#7 [匿名さん] :2021/09/25 16:55

>>4
家をあげて中国好きなの?