なぜ市民を痛めつける政治家が国民の代表に選ばれるのか? マルクスがその謎を解き明かしていた - 政治・経済ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


NO.9869540
なぜ市民を痛めつける政治家が国民の代表に選ばれるのか? マルクスがその謎を解き明かしていた

なぜ市民を痛めつける政治家が国民の代表に選ばれるのか? マルクスがその謎を解き明かしていたの画像1 Getty Imagesより

●「セカイ」を『資本論』から読み解く(第5回)

 菅義偉首相は、安倍晋三前首相に続いて新型コロナに敗れ、辞意表明。自民党総裁選が国会そっちのけで行なわれています。もちろんこれは、衆議院総選挙を目前に控えての泥縄式の看板の架け替えであり、冬に来るであろう次の感染拡大に備えるという死活的に重要な責務を放棄する所業です。

 とはいえ、自民党政権がヒドイというのは別に新しい発見ではありませんから、どこがどうヒドイのかについてここで書くつもりはありません。2012年の政権復帰以降、国政選挙で与党は勝ち続けてきたのですから、問題は、こんな政党がなぜ国民の支持を受け続けてきたのかというところにあります。

 国民の投票に基づく民主主義制度は、国民の利害を基本的に反映する政治制度である、と考えられています。だからこそ、参政権の拡大も、「みんなの利害を政治に反映させるべきだから、できるだけみんなが参加できるようにするべきだ」という前提から、促進されてきたわけです。にもかかわらず、なぜ、人々は自分で自分の首を絞めるような選択をしてしまうのでしょうか。

ボナパルティズムにみる民主主義の弱点

 このことを考えるに際しても、マルクスが役に立ちます。ただし、『資本論』に民主主義政治論があるわけではありません。1852年に刊行された『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』という著作が、こうした民主主義の謎に迫ったものとして重要な仕事です。

 同書は、1848年の二月革命によって始まったフランス第二共和政が、ルイ・ナポレオンの大統領選出とクーデター(1851年)、ルイ・ナポレオンの皇帝即位(第二帝政成立)により、瓦解してゆく過程を分析したものです。そこでマルクスは、「かのナポレオンの甥である」という以外には何者でもないいかがわしい人物だったルイ・ナポレオンが、民主主義的なシステム(国民投票)を通じて皇帝にまで成り上がっていった謎を解こうとしました。

 マルクスの分析の要点は次のようなものでした。すなわち、1848年の二月革命以来、階級闘争が激化するなかで左派も右派も決定的な支配権を握ることができず、「右でも左でもない」、ルイ・ナポレオンが強大な権力を握ることとなったのだ、と。ルイ・ナポレオンは、革命派の代表でもなければ、王党派の代表でもない、誰を代表しているわけでもないので逆に誰をも代表することができるかのように装うことができたというのです。民主主義は人々の代表者に権力を与えるシステムであるにもかかわらず、誰をも代表しないような者に権力を与えることがある、という逆説は、マルクスのこの分析以来、「ボナパルティズム」と呼ばれるようになりました。

 さて、マルクスの分析から1世紀半以上が経ちました。この分析は古びるどころか、ますます重要性を増しているように思われます。20世紀後半の時代には、民主主義の基本構図は利益代表者としての政党が権力を取り合うというものでした。日本の場合ならば、労働者階級を代表するのが社会党で、財界や自営業者を代表するのが自民党、といった具合です。

 ところが21世紀に入り、この構図の揺らぎが顕著になってきました。欧米の状況についてよく指摘されますが、伝統的に労働者階級を代表していた左派政党がその支持基盤を失い、右派、とりわけ既存の保守政党の利権ネットワークに与ってこられなかったような極右勢力が労働者階級から得票する現象も現れてきました。

 こうして、政治における代表関係が不透明となり流動化するなかで、「右でも左でもなく全員を代表する」ことを標榜する政治家が人気を博するようになる。フランスのマクロン大統領はその典型です。

 マルクスの古典的分析が教えるのは、「代表する者」と「代表される者」との関係は利害関係によって自動的に直結する単純なものではそもそもない、ということでした。ルイ・ナポレオンを皇帝の地位にまで押し上げた社会的階級として、マルクスは「分割地農民」を挙げています。

 なぜ貧しい農民たちがルイ・ナポレオンを強く支持したのか。いわく、

彼らは自らを代表することができず、代表されなければならない。彼らの代表者は同時に彼らの主人として、彼らを支配する権威として現れなければならず、彼らを他の諸階級から保護し、彼らに上から雨と日の光を送り届ける、無制限の統治権力として現れなければならない。したがって分割地農民の政治的影響力は、執行権力が議会を、国家が社会を、自らに従属させるということに、その最後の表現を見出した。
(カール・マルクス『ルイ・ボナパルトのブリュメール一八日』植村邦彦訳、太田出版)

 私たちが「私たちの代表者を持っている」という意識、言い換えれば、「あの人たちは私たちを代弁して私たちのために働いてくれている」という意識を人々が持てなくなればなるほど、「私たちの代表者」は「支配する権威」として現れてくる必然性を、マルクスはここで指摘しています。そしてそのとき、「執行権力」、すなわち行政権力は、無制約的に力を振るうことになるのだ、と。

 2012年に始まりいまに至るまで続いている自公政権の権力が、一体誰をどのように代表しているのかを考えてみる際にも、マルクスの著作は示唆するところが多々あるのです。

著者の他の記事はコチラ→白井聡

【日時】2021年09月26日 11:00
【提供】wezzy







#28 [匿名さん] :2021/09/26 14:15

>>0
【なぜ(プロ)市民を痛めつける(自国民の為の)政治家が(自)国民の代表に選ばれるのか? (共産党の聖人)マルクスがその謎を解き明かしていた】と、レーニン信者がスレ立てw


#2 [匿名さん] :2021/09/26 11:52

国民そっちのけで党利党略の自公政権さようなら👋


#12 [匿名さん] :2021/09/26 12:04

>>2 俺は正しい思想の持ち主だから 国勢(衆議院 参議院)🗳️選挙だろうが 都道府県区市町村の首長や議員選挙🗳️だろうが 絶対自民党 公明党 維新の会には大事な一票を投じない

勿論来月の衆議院選挙🗳️も絶対自民党には投票しない


#5 [匿名さん] :2021/09/26 11:56

日本国民がバカだからだろ?
バカで無能でなーんにも考えてない連中が選挙するからその代表はとてつもないバカになる
当たり前のことだ


#11 [匿名さん] :2021/09/26 12:02

>>5
衆議院の選挙制度が民意を反映してないから


#33 [匿名さん] :2021/09/26 15:29

選挙にも行かない人がなぜ文句言うの?
政治に参加してないのに。


#34 [匿名さん] :2021/09/26 15:30

>>33
本人の勝手
投票した程度で参加wwご立派ご立派ww